同世代のみんなが集まる楽しい「元気のわ」
怖がるだけでは解決しない。認知症とはいったい何?

元気のわ

同世代のみんなが集まる楽しい「元気のわ」
健康のこと、生活のこと、旅に趣味と情報満載!

ボランティア

ボランティアしているようで
されている?
温かい出会いに感謝しながら
今日も訪問!

日本薬師堂の認知症予防の取組み紹介

日付:2016-12-26

昨今、ニュースや新聞でも多く取り上げられる「認知症」。

皆様の中でも認知症に関する関心が高まっているのではないでしょうか。

近い将来、高齢者人口が増えるにつれ、認知症患者数も増加すると言われており、厚生労働省の推計では2025(平成37)年には認知症の人は約700万人前後、65歳以上高齢者約5人に1人に上昇する見込みまで増加するとされます。

認知症サポーター講座

日本薬師堂では2016年に全社員で「認知症サポーター講座」を受講し、”認知症サポーター”として認知症の基礎知識などを学びました。

さらに「何か自分たちができることはないだろうか」と認知症の予防について色々と考え、ボランティア活動を行う事にいたしました。

折り紙を使った認知症の予防

今回ご紹介するのは「折り紙を使った認知症の予防」。

折り紙は、手・指を使う点や、出来上がりを想像しながら作業をする点が認知症の予防に良いと言われています。

また、日本薬師堂の社員と折り方の話をしたりすることも脳の活性化につながればと思い、デイサービスなど、ご協力いただける施設にお邪魔させていただきました。

デイサービスにお越しの方と一緒に、「ここの角を折るところ難しいですよ」「なかなかどうして、上手くできないわね!」と声を掛け合いながら、折り紙で”小鳥”や”魚”を折ってきました。

ボランティア

出来上がりにも大満足で「懐かしいわね」と皆様にもお喜びいただけました。

genkinowa.jpでは、いくつかの折り紙をご紹介しています。

皆様もご家族・ご近所の方と会話を楽しみながら、折り紙をしてみてはいかがですか?

おすすめ折り紙のご紹介

ページトップへ