同世代のみんなが集まる楽しい「元気のわ」
健康のこと、生活のこと、旅に趣味と情報満載!

元気のわ

同世代のみんなが集まる楽しい「元気のわ」
健康のこと、生活のこと、旅に趣味と情報満載!

新発見いっぱいのローカル散歩。
にっぽん元気旅

【栃木県芳賀郡市貝町】栃木県南東部にある芳賀郡市貝町は美しい自然に恵まれたまち。「市貝町芝ざくら公園」には本州最大級の面積を誇る芝ざくらの花畑があります。春になると可憐な芝ざくらが咲き誇り、園内を春色に染めます。市塙駅には真岡鐵道の「SLもおか号」が走り、迫力満点のSLを間近に見ることもできます。全国でも珍しい「大畑武者絵資料館」では、江戸時代から続く伝統工芸に触れることもでき、お隣の益子町では陶芸さんぽも。 今回は春らしい風景と手仕事の美を訪ねて、栃木県芳賀郡を旅します。

【北海道稚内市】稚内駅〜稚内温泉 童夢〜北の味心 竹ちゃん〜宗谷岬日本列島の最北端に位置する稚内市はいわば「日本のてっぺん」。日本最北端の岬、最北端の温泉、最北端の駅など日本一がいっぱいの街であり、かつてはニシン漁やカニ漁で賑わった海の街でした。昭和の終わり頃まではタラバカニの水揚げ量も日本一を誇り、街のあちこちでタラバカニが売られていたそう。カニはハサミを上下に振る様がツキを招くことを連想させることから縁起物として珍重されます。今回は最果ての街・稚内で、縁起の良いタラバカニを味わい、絶景をたずねる旅をご紹介します。

【大分県由布市】由布院駅〜湯の坪街道〜金鱗湖周辺大分県のほぼ中央に位置する湯布院は、日本屈指の人気を誇る温泉地。国内第2位の源泉数を持ち、町のあちこちから温泉水が湧き出しています。さらには、町のシンボルでもある由布岳や周囲の山々が描き出す四季の彩り、太陽の光を浴びながらうっすらと漂う幻想的な金鱗湖の朝霧。自然美に彩られた温泉地・湯布院を、ぶらりおさんぽしてみませんか?

【石川県金沢市】近江町市場〜ひがし茶屋街〜兼六園周辺石畳の両脇に出格子の店々が軒を並べる金沢市・ひがし茶屋街。江戸時代、花街として栄えたこの地には今もお茶屋さんが残り、京都の祇園と並んで茶屋街の風情を今に伝えます。しっとり落ち着いた景色は、歩くほどにその奥深さを語りかけてくれるよう。さらに近江町市場や兼六園にも足を延ばして少し欲張りな旅にでかけましょう。

【神奈川県鎌倉市】鎌倉駅〜鶴岡八幡宮〜由比ガ浜周辺鎌倉の町を走る江ノ島電鉄、通称・江ノ電。昔ながらの緑の車両が周囲の町並みに自然と溶け込みます。相模湾沿いを走るこの姿は、鎌倉観光の一つに挙げられるほど。地元の利用客のみならず広く県外の人々からも愛されています。気持ち良い気候の五月。江ノ電沿線をのんびりおさんぽしてみませんか?爽やかな風景との出合いが待っているはずです。

【高知県吾川郡・高岡郡】いの町〜仁淀川〜佐川町神秘的な青味を宿す、深く透明な緑色。高知県中央部を流れる仁淀川は、国土交通省による全国一級河川水質ランキングで、3年連続1位を獲得した清流。神々しいまでに美しい色合いは「仁淀ブルー」と称せられます。この流域には、古くから良質な水によって数々の文化が生まれ、特に土佐和紙は世界に名を馳せるほど有名。今号では仁淀川を巡りながら、水によってもたらされた高知県の文化を訪ねます。

【福島県会津若松市】七日町〜鶴ヶ城〜飯盛山会津若松は藩政時代の面影を色濃く残す城下町。市内各地には今もたくさんの史跡が残されています。明治・大正期の洋館や蔵が現存する七日町通りには古い街並みが残り、漆や絵ろうそくなど美しい伝統的工芸品に出合うことができます。戊辰戦争で激しい戦場となった鶴ヶ城や、白虎隊が若くして命を絶った飯盛山など幕末ゆかりのスポットもいっぱい。今回は日本情緒あふれる会津若松を訪ねます。

【青森県八戸市】八食センター〜陸奥湊駅前朝市〜種差海岸青森県南部沿岸に位置する八戸はイカの水揚げ日本一を誇り、数百種もの豊富な魚種が水揚げされる港町。イカだけではなく、夏のウニ、八戸前沖サバなどおいしい海の幸がいっぱいです。朝市では早朝から市場のお母さん「イサバのカッチャ」たちの声が響き、「蕪島」から「種差海岸」まで続く美しい海岸線では、潮風を感じながら散策することができます。今号は海鮮グルメの宝庫・八戸を訪ねる旅をご紹介します。

ページトップへ